LINEの返事が鈍い女性の気持ち

女性側にも効く分があります。
何の理由もなくただLINEの返信が遅くなっているわけではありません。
別に婚活中となれば、女性も必死にお相手を探しているわけです。
ここでは女性の本音をいくつか紹介したいと思います。
女性の返事が遅いと思っている男性は参考にしてください。
勿論すべての女性がこのように思っているわけではありませんので、参考程度にお願いします。

「素直に慌しいだけ」。
婚活中の女性の多くは社会人だ、会社の付き合い、友人との付き合い、残業など女性もあわただしいのです。
LINEがきたとわかっていても、後回しにして仕舞う状況もあります。
このせわしないときのときに、女性の返事が遅いと男性から催促メールがきたら、それだけで女性は嫌になってしまいます。
このときは、催促メールや長文メールではなく、挨拶程度の小気味よいLINEを送っておくといいと思います。

「相手の出方を見ていらっしゃる」。
気になる男性には素早く返事をするという女性ばかりではありません。
気になる人だからこそ、変な返事はできないので、のほほん考えた言葉を伝えたいと返事が遅くなることもあります。
あるいは、アッという間に飛びつくように返事を引き戻すと、LINEが来るのを待っていたと思われるのも後ろめたいので、敢えて遅くやるということも考えられます。
いくぶんじらして興味をひこうとしている人もいるかもしれません。

「やりとりが長くて濃い」。
幾らか返事をすると、同じ内容を絶えず続けて長い。
ずいぶん終わらないので、よっぽど自分に時間のあるときでなければLINEのやりとりができないと思っていることもあります。
延々とねちっこいLINEはやめて要件を一概に伝えた方がいいと思います。

「脈がないなら返信終わる」。
そもそも脈がない相手はもはやサヨナラしていると思います。
LINEの返信もしないと思います。
女性の返事が鈍いなりにもあるのならば、完全に脈がないことはありえません。

「自分のことばかり毎日の出来事をずっと伝えてきて読み難い」。
男性の中には自分の今日あった出来事、思ったことをとりあえず日記のように伝えてくる人がいる。
またいつものです、こちらも慌しいのだからと、後回しにされてしまっても仕方ないと思います。

自分がこれらのことにあてはまらないか、今までのLINEのやりとりを確認してみてください。
返事の鈍い女性がすべて脈無しなわけではありません。
脈無しの可能性もやはりありますが、言葉の端々に刺々しい言葉があれば嫌がっているかもしれません。
女性の返事を見なおしてみましょう。【大損注意】リゼクリニックの予約!脱毛の料金を最安にする方法!