治療方法

具体的に歯周病治療について見ていきましょう。
ひと度歯周病の前段階、歯肉炎では、歯医者へ赴きメンテナンスをしてもらうこと、そして適切なブラッシングで毎日ホームケアすることが大切です。
この段階では歯周ポケットも浅くて、あごの骨にも影響がないので、プラークをしっかり取り去っていけば感知できると思います。

軽度歯周病治療としては、歯医者で専門の器具を活かし歯周ポケットへ溜まったプラークなどをよく取ること、あとは自宅でのブラッシングを通じていきます。
歯医者では「スケーリング」といって、スケーラーという器具を活かし、歯石を歯根面から取っていきます。
歯石は死んだ細菌の塊で、これが歯におけるとプラークが付着しやすくなり歯周病を発症したり進行したり講じる原因となってしまうので、スケーリングを通じて取り置くことが大切なのです。
次に「デブライドメント」といって専用の器具によって、直接歯周病の原因となるプラークを取り去ります。

中度歯周病治療としては、軽度のときと同様に、歯石やプラークを取ることが基本の治療だ。
ですから同じように、「スケーリング」と「デブライドメント」を行います。
しかし中度の段階では歯周ポケットが軽度のころよりも深くなっているので、歯茎の上から処置するだけでは完全にプラークや歯石を取ることができないこともあります。
そうなると、フラップ手術といって外科的手術がなさることもあります。
歯周病の進行した部分の歯茎を切開して、歯根面へ付着したプラーク、歯石を取り去ります。
奥深くまであごの骨が溶かされた段階だと、歯周ポケットの内側へ治療機器が届かない場合があり、こうなると外科的治療を行わなければいけなくなります。
歯茎を切開して、目視できちんとプラークなどを確認しながら確実に取っていきます。

重度歯周病治療としても、基本的な治療はプラークコントロールだ。
中度と同様に、「スケーリング」と「デブライドメント」一層「フラップ手術」を行い、プラークを徹底的に取り去り細菌を切り落とします。
それと一気に溶かされてしまったあごの骨を回復させて出向く治療も行います。
たんぱく質の一種である「エムドゲイン・ゲル」を歯根の表面へ塗り、歯周組織の再生を促進します。
歯の生えてくるときものの環境つくりをするのです。
世界でも行われておっきい安全が確認されている「エムドゲイン」という手当てだ。
他にも「GTR」といって、あごの骨、歯根膜などを再生講じる手当てもあります。
歯周ポケットの中のプラークをふき取り、骨がなくなってしまったところへ人工膜のメンブレンを挿入して歯周組織の再生を促進します。
歯周病が重症であごの骨が溶けてしまったとき、自分の骨、あるいは人工の骨を溶けてしまったところへ移植講じる骨移植という手当てもあります。http://www.novi-pazar.org