妊娠中にいい食べ物

妊娠すると、食事をする時もできるだけ添加物や着色料、保存料が入っていないものを摂りたいか?すべて自然のものに変えられるのは困難ので、香味料・小麦粉・お米などから取り入れてください。
妊娠中に可愛い食べ物…
「主食を未精製のものに差しかえる」
精製していないものには、ミネラルがたくさん含まれています。ミネラルは神経を鎮めたり、肌の伸びを良くしたり講じる、誠に大事な成分だ。
お米で栄養があるのは胚芽の部分のため、「胚芽米」をおすすめします。多くのミネラルやビタミンが入っていて実に栄養があります。玄米や雑穀米もいいです。
また、パンも白くて瑞々しいパンより、全粒粉やライ麦などで作った雑穀パンがいいでしょう。今の日本は精製されたものが数多く、それがアレルギーの要因になっているとも言われています。
食物繊維が多いものを食べると、食物の有害なものも一緒に摂りこんで外に排出してくれるので体に良いだ。毎日だと負担に感じるなら、無理をせず週末だけからでも始めてみましょう。妊婦さんは便秘になりやすいので、ミネラルのある食事を心がければ、快調になってお肌の調子も良くなります。
「異種タンパクを取り過ぎない」
ひと昔前は「妊娠したら両人分食べましょう、カルシウムの補給には牛乳を多めに呑みましょう」という時代もありました。しかし、外食することが多くなった今の妊婦さんの状況を考えると、又もや食生活を見直さなければなりません。
人間のたんぱく質は組成が違う他の動物のたんぱく質を異種たんぱく質と言います。アレルギー予防上からも、妊娠8か月〜生後8か月は、とりわけ異種たんぱく質の過剰摂取には気をつけましょう。
「香味料に気をつける」
毎日扱う塩と砂糖もまずは精製していないものを選びましょう。煮物などにはキビ砂糖や黒砂糖の方がコクが出て何とも嬉しいだ。塩も沖縄のにがりやミネラルたっぷりの塩がおすすめです。
「ビタミンKをとる」
納豆などに留まるビタミンKは赤ちゃんの出血傾向を引き下げるビタミンだ。小さい産道を通って生じるときの頭蓋内出血や、消化管出血の予防になります。臨月にはどんどん毎日食べましょう。
妊娠中は色んな症状が出てきます。元気にマタニティライフを送り、元気な赤ちゃんを産むために可愛いものを摂取することを心がけましょう。参照サイト