介護始める側のケアも大切

家族の介護が始まると当の本人も大変ですが、生活の中で同時にその家族も介護疲れや介護うつなどを発症してしまうケースが後を絶ちません。
在宅介護は肉体的な労力はもちろん、精神的に焦る状況になるからだ。
介護経験をしたことのない人に悩みを相談したり愚痴を言ったとしても「親だから仕方ないだ!」「間違えても怒っちゃダメよ、うなづいて聞いてあげればいいの。」なんてわかりもしないで平気にアドバイスをいう人もいる。
一段と家族としては気持ちがふさぎこみたくなります。
これは一軒、子育てもののようなところもありますがほとんど違う。
どうにか成長するものと老いて出向くもののお世話はとも大切ですが、体のがたいや臭い、食事の汚れ、トイレの異臭、対話などそれはそれは違いがあります。介護浴びる側としても家族の負担を考え苦しむ人も大勢います。
在宅介護の戦いだ。
ですが、ずらかれない現実からの正解はいくつかあります。介護認定調査を受け、介護サービスを利用しデイサービスやショートステイを利用し、自宅とは違う場所で介護士に見守られ支援を受けながら生活する結果介護やる家族と些か距離を置くことができます。
もう一つは介護やる家族用にできた家族会に参加することです。家族会はお婆さんをと暮らし日頃介護をする家中が入り込み、交流し悩みや相談ごとをしたり、介護の知識を高め居残るなどに活用される場だ。
その他介護の専門家のゼミなどに参加できたり、ミニデイも開催されその時間は介護浴びる側はデイケアに参加し、する側は家族会に参加できるケースもあります。
ご自宅からほど近い家族会はどこでやっているのか調べてみましょう!
情報はどこで入手するかというと包括支援センターに問い合わせを決める。家族会以外にも介護に関するセミナーや集会はたくさんやる地域も多いのでこまめに情報を得るのも良いでしょう。
精神的に寄り添い奮い起こし見合う関係は重要です。
他には地域の特別養護老人ホームや介護老人保健施設が主体になり参加ができるようになっています。
相談しにくいとか話したくないという場もあるかもしれませんがご自分に合う家族会を見つけられ情報交換行える場所が見つかればと思います。www.yado-koriyama.com