セラミックの寿命について

セラミック(陶器)は、かぶせ物や差し歯の材料として選べる非金属材料のひとつだ。
金属アレルギーなどの心配もなく、見た目の美しさと強度のバランスが良いのが特徴で、そのため「オールセラミックとしておけば一生大丈夫」というイメージをお持ちの患者様は少くないようです。
セラミックも万能というわけではないようです。
しかし、セラミックも万能というわけではなく、口内環境やケア次第ですが、数年から10数年で再治療が必要となる場合もあります。

今回は、そんなに知られていない「セラミックの寿命」についてご紹介します。

さまざまな場所の治療に払えるようになりましが、あんなセラミックにも寿命があります。

ここで言う「セラミックの寿命」は、使用中にセラミックが欠ける、砕けるなどで交換や再治療が必要になることを指し、7~10年ぐらいだとされています。
「手ごわい物質のはずなのに、本当に少ないな」と思われたほうが多いのではないでしょうか。

それはその通りで、セラミック素材そのものはやけにリライアビリティのおっきい物質であり、長年使い続けても劣化することはたいていありません。
「寿命を迎える」といっても、セラミック自体の劣化が原因というわけではないのです。

セラミックの歯が寿命を迎える、つまり再治療が必要となるのは、セラミックの劣化以外の原因であることがほとんどです。

・噛み合わせの不具合により、長年おんなじ場所に不自然な力が掛かり積み重ねる
・就寝中の無意識の歯ぎしりで、毎日おんなじ場所に大きな負担がかかっておる
・歯茎が下がって、歯並びに影響が出ておる
・歯の内部で虫歯が進行している
逆に言えば、条件や環境次第では、「オールセラミッククラウン」は確かに一生ものの加療であると呼べるのです。

オールセラミックは簡単に一生ものは言いきれませんが、数々の利点があります。
強度など機能の面はもちろんですが、美的に見ても本物の歯と区別がつかない透明感や質感があるのが大きなメリットだ。
色も天然の歯の色によって変えることができますので、どんどん普通色合いとなります。

また、経年劣化が早く、プラークなどの汚れが有り難いので、周囲の天然の歯が虫歯になり辛いので、周囲の天然の歯が虫歯になりづらいのも大きな魅力です。http://yokihito-movie.com/